忍者ブログ
http://shakado.blog.shinobi.jp/
甲府盆地を一望する甲州市勝沼町から美味いぶどうと桃作りに込める温かな心意気をつづります。
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 123NEXT >
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ひろむ
性別:
男性
自己紹介:
 開業以来、『出荷品を市場価格で』をモットーに、価格を決めています。価格は経営者のモラル・経営方針、強いて言えば性格までも反映されるものと考えています。
 初心忘れるべからず、と、胸を張り、まさに堂々とこのことを世に問いたいと思います。
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
ブログの評価 ブログレーダー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_2533-1.jpg


















 巨大な天然鮎の姿煮・・・秩父のよしはし食堂からご来店のお客様の手を経て届きました。
ご自慢のタレで時間をかけてじっくり煮込んだ川の幸・・・一人で2匹くらいとお皿によそりましたが、大きいのと、頭から尾っぽまで食べれて、卵も入っていましたので、一人あたり1匹で十分でした。
夕食はこの鮎と、お昼にお客様からの差し入れの、有名店のサンドウィチ類という取り合わせでした。おいしかったですよ。ご馳走様でした。
PR
e9a28232.jpg


















   「都会で楽しむブルーベリー」の著者渡辺順司氏・・・お馴染みの方です。
信州での講演の帰途、お店に立ち寄られました。お土産のブルーベリーのおすそわけにあずかり恐縮です。
IMG_2299-1.jpg


















山椒の葉・・・若芽・・・をいただきました。
近所の山好きの人から毎年いただきます。この時期になると、こしあぶら、タラの芽、山椒の葉、秋には、きのこ、本当に忙しい農期に入ってしまいますので山に入ることが出来ません。見かねてくださると思いますが有り難いことです。
都会では山椒の葉を「木の芽」とよんで和食のつまに使われているくらいしか知りませんが、沢山取れるとしょうゆなどで煮て佃煮にします。考えれば贅沢のことです。
一年中、香りと味を楽しむ、というわけです。
IMG_2256-1.jpg


















4月24日雨でしたので、知り合いの手作りそばのご相伴に預かりました。
そば粉は、自前の畑で取れたそばを石臼で引き、粉はかなり荒めの粒つぶしたもの、つなぎの小麦粉は自前の農林61号、味が濃くて何の料理にもマッチするのだそうです。そば8、小麦粉2の割合でした。水を加えて練り上げていくうちに、そばの香りが素晴らしく感嘆の声しきりでした。一回目は加える水の量が少なすぎて包丁で切るときは折れ折れになってしまいましたが、これがあとで煮込みにしたのですが絶品でした。
2回目は水の量も丁度良く、あっという間に出来上がりました。素早く打ってゆで上げすぐに食べる。そして付け合せは採りたてのわらびの天ぷら、おそばをお腹イッパイ頂いた1日でした。
IMG_2232-1.jpg


















4月18日今年の春、植えて差し上げた桃の木の様子を確かめに三島市に行ってきました。

一通り仕事も終わって昼食となり、今回はうなよしのうなぎと決めました。このところ、桜屋のばかりでしたので本当に久しぶりにうなよしに伺いましたが、以前とかわらない特徴のある焼きに、恐れ入りました。一緒にうかがった全員の感想でした。




忍者ブログ × [PR]
"ひろむ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.